女性

老眼になりやすい人とは

近年、30代でも老眼の症状が見られる人が多くいます。パソコンやスマートフォンなどのモニター画面を長時間見ている人は、要注意です。老眼に関しての様々な噂がありますが、近視の人も同じように老眼になる可能性があるのでしっかりアイケアを行いましょう。

女性

目に良い食べ物

老眼の進行を緩やかにするアイケアのひとつに、目に良い食材を摂取するということが重要となっています。しかし、目にいい食材を毎日摂取するのは簡単なことではありません。無理をせずにサプリメントなども活用して継続して目に良い成分を取り入れましょう。

目元

紫外線も要注意

目に紫外線を受けると、老眼の原因になります。さらにそれ以外にも、充血や目の痛み、ひどくなれば白内障などの病気に繋がることもあります。紫外線を防ぐサングラスと帽子を有効活用し紫外線を防ぐことを心がけましょう。

老眼とその対処法

目元

老眼とは

40代になると「なんだか最近、テレビや新聞、パソコンの画面が見づらくなった」と感じる方も多いかもしれません。ピントが上手く合わない、もしかしたらそれは老眼かもしれません。老眼は、目のピントを調節する力が衰えていくことです。誰もが通る道であり、病気ではありません。年齢を重ねることにより、誰にでも起こる生理現象です。40歳を過ぎたあたりから、細かい文字が読みにくくなる、目のかすみなどの症状が現れます。そのため、日頃から疲れた目をケアするアイケアが重要となってきます。「自分はまだ老眼なんてありえない!」と無理をせずに、老眼鏡や目の調節機能を改善する成分が配合されている目薬も使い、目の負担を軽減しましょう。

老眼をそのままにしておくと

老眼を放っておいても、失明など深刻な問題に繋がることはありません。ですが、老眼が始まっても老眼鏡を使わないでいたり、目に負担を与え続けていると、眼精疲労になり身体にも悪い影響が起こります。眼精疲労は、目の疲れだけでなく、頭痛や嘔吐など、目以外の体調にも変化が起きる状態です。私達が近くのものをみるときは、目の奥の「毛様体筋」という筋肉の働きが必要となります。この毛様体筋にかかる負担が眼精疲労です。老眼かもしれない、と感じたら、まずはお近くの眼科へ行き眼科専門医の診察を受けましょう。市販のものではなく、自分にあった老眼鏡やアイケアを行うことで眼精疲労を予防しましょう。