老眼になりやすい人とは

女性

老眼になりやすい人の特徴

老眼の症状を感じるのはおもに40代以上からですが、最近では30代でも老眼の症状が出始める人もいます。年齢が若く、老眼を感じる人の特徴として、「パソコンやスマートフォンなどのモニター画面を見る作業が多い人」があげられます。近くでものを見る作業が長い人ほど、老眼の症状が早くでるそう。特に近年、スマートフォンが普及したことにより、老若男女問わず、老眼も早まるといっても過言ではないでしょう。近くでモニター画面を見すぎると毛様体筋が使いすぎで固くなってしまい、ピント調節機能が低下してしまいます。スマートフォンは、家族や友人との連絡、動画鑑賞などちょっとした空き時間の際にもついつい触ってしまいがちなので気をつけましょう。モニター画面を多く見る機会が多い人は、作業の合間に目を十分休ませるなどしてアイケアを行いましょう。

老眼に関しての噂

近視の人は老眼になりにくい、などの噂や口コミがありますが、近視の人も同じように老眼になると言われています。近視とは、網膜にピントが合わない状態のことをいいます。眼鏡やコンタクトレンズを使用していない場合は、近くにピントが合いやすいのが特徴です。そのため、近視の人は、老眼が自覚しづらく、「近視の人は老眼になりにくい」という噂があるのだと考えられます。また、視力の良い人は老眼になりやすいという噂もあります。こちらも、近視と逆で、視力の良い人は老眼を自覚しやすいため、老眼が始まったことに早く気づきやすいことによりそう言われているようです。