紫外線も要注意

目元

紫外線による目に対する影響

老眼の原因の一つは、目の水晶体が固くなってしまうことです。その水晶体が固くなってしまう原因となるのが、紫外線です。活性酵素が発生し、水晶体が固くなり、目のピントが合わなくなってしまいます。老眼以外にも、紫外線による目への影響は、大きいので気をつけなければなりません。肌と同様、目も紫外線が入るとダメージを受けます。角膜がダメージを受ければ、目の痛みや充血などの症状が出る場合があります。そして、ダメージを受け続けるとさらに目の細胞を破壊してしまい、白内障などの病気に繋がることがあります。紫外線による影響を受けないためには、UVカット機能のあるサングラスや、コンタクトレンズなどを使用し、紫外線が目に入ることを事前に防ぎましょう。屋外でのスポーツや長時間の作業をする場合は、使用を心がけましょう。サングラスを選ぶときは、UVカットなのはもちろん、レンズが大きく、あまり色が濃すぎないサングラスを選ぶようにしましょう。サングラスの色が濃いければ濃いほど、暗いところで人の瞳孔は大きくなります。瞳孔が大きくなるほど、紫外線も入り込みやすくなるので注意が必要です。また、サングラスは正面からの紫外線は防いでくれますが、側面などから入りこむ紫外線は防ぐことができないということも頭に入れておきましょう。そのため、つばが大きい帽子もセットで使うとより紫外線を防ぐことができるでしょう。紫外線を防ぐことも大事なアイケアの一つです。